So-net無料ブログ作成
ベトナム ブログトップ

ベトナム人巨乳説 [ベトナム]

わたしは個人的にひそやかに自分内でベトナム人巨乳説を唱えています。


わたしは女性ですし、別にそういう趣味はないのですが、それでもあれ?と気づきました。


いま身の回りにベトナム人女性が多いのですが、比率高い・・・と。


もしくはただ単にサイズの問題でもないのかもしれませんが、サイズの問題もあると思う。


なんとも魅力的な胸元の方が多いです。


下品ではないんです。協調したり露出したりしているわけではない。

そこがまたいいんですね。


しかも、肥っているわけではない。

そして、すごく大きいというわけではないのですが、ちいさくない。


そういうあくまで普通体系のふつうの派手でも地味でもなく、知的で上品な女の子の胸元がやや豊か。


癒されますねー。


ちなみに私は女性ですから、そんなに胸に特別な思いはないんですよ。

大きいほどいい、みたいな価値観は全然なかったのですが。


ベトナム人女子たちのこの魅力的な感じに、「ああ大きいっていいじゃんね」と改めて思いました。


もちろん、人の美っていろいろなところに宿るので、たとえばアフリカの部族の女性に囲まれたとしたら、また違うところに美と魅力を感じるだろうな。

たとえば、なんてかわいらしい大きな瞳なんだろうとか、なんて長い手足、あがったヒップ、、みたいに。


逆にいえばベトナム人女子たちは、顔とかファッションとかにあまり興味がなかったし、いわゆる日本人女性的に一番に気になる足の細さとか長さとか顔の小ささみたいな全体的なバランスの良さ(スタイルの良さ)に特に評価ポイントを見いだせなかったので、別のところに目がいったというところもある。


そうそう、スタイルがいいって何をもっていうのか、というのはきっと国とか個人によって違うんだろうなあ。

で、スタイルいい、にはいろんな種類があるっていうの、いいことだなあ。

たとえばビヨンセとかも、すっごくスタイルいいもんね。


まあそういうわけで、全世界と比較したときにスタイルに恵まれているとは特別いえない日本人ですが、それでもとくに引き締まってたり、メリハリあったりすると、その人固有のセクシーさは絶対あるよね。


もちろん引き締まってない、わがままボディにも、それはそれであるんだけど。

というわけで、まあでも、ベトナム人は日本人平均より若干大きいと思います。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ベトナム・フエで感動した宿「サニーAホテル」 [ベトナム]


ベトナム・フエは日本人におすすめしたくない都市である。
だが日本人に人気らしく、日本人観光客が多い。
それゆえ、日本人観光客のぼったくりを目当てにした悪い奴らが多い。
 
フエはまったくけしからん輩の多い、気の抜けない場所だった。
さらに天候もあまりよろしくない。
私が行った時も、悪天候で靴はぐしょぐしょ、ボトムは泥の跳ねっ返りでドロドロ・・・という具合だったけど、 だいたいいつもそんならしい。
 
しかし、そんな中、オアシスだったのがサニーAホテル。 
 
 
 



◆サニー A ホテル (Sunny A Hotel)

シングルベットが2つあるスタンダードルームが1泊1200円!!

しかもちゃんとした部屋なのです。

全然、しみったれたゲストハウスやビジネスホテルの部屋じゃなくて、明るくて暖かい小綺麗なプチホテルの部屋なんです。

それなのに対応はホテル的な事務的な感じではなくて、ゲストハウス的な暖かさと面倒見の良さ。

 

ベッドも毛布も清潔でふっかふかだし、エアコンの効きもいいし、窓からも見晴らしもよく、明るい。

ここまで居心地のよいホテルの部屋って今まであったかな?

住みたいって思いました。

フエは最悪だけど、このホテルのこの部屋に滞在するためだけにまた来たいと思ってしまうほど。

自分の一人暮らししてた日本のマンションや、実家の自分の部屋、バンコクの部屋より、ひょっとしたら居心地がいいんじゃないか?というくらいでした。

すごく素敵とかそういうんじゃないんです。

でも何しろ雰囲気がいいんでしょうね、家庭的というか。

こたつ・・・みたいな。

そう籠もってしまいたくなるホテルでした。

このホテルの凄さをまとめるなら

◆圧倒的なコストパフォーマンス。

◆ゲストハウス的面倒見の良さと、ホテル的設備の良さ。(両者のいいところどり)

といったところだろうか。

日本人利用者が多いらしいので、日本人の求めるものをよく捉えているのかもしれない。

 

しかし思い出すだけで心がほっこりするような居心地のよいところだった。

あー、また行きたいな。 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
ベトナム ブログトップ