So-net無料ブログ作成
検索選択
タイ語 ブログトップ
前の3件 | -

Google翻訳のタイ語訳が・・・ [タイ語]

台車ってありますよね。

重いものを載せて運ぶアレ。

アレはもちろんタイでも活躍していて、オフィスにもコンドにも必ずあるのですが、タイ語でなんていうんだろうとGoogle翻訳で翻訳してみた結果。

ตุ๊กตา(トゥクター) と出てきた。

本当かな?とGoogle画像検索してみたら、熊の縫いぐるみの画像ばっかりでてくる。

つまりこれ「人形」という意味。

で、なんで台車が人形になっちゃったかというと、おそらく、日本語英語→タイ語という順番で訳されているから。

台車をまずdollyと英訳するまでは間違いではないんだろうけど、dollyには「人形」という意味もあるから、こういうことに。

ちなみに台車→hand cart→รถเข็นมือ(Rt̄h k̄hĕn mụ̄x:ルッケンムー) という翻訳であればあながち間違ってないみたい。

Google翻訳して、あー、英訳からのタイ訳でまったく違う意味になっちゃったねー、っていうケースは結構な頻度である。

日本語から英語だってあるだろうけど、「あ、そっちの意味になっちゃったね」って気づけるし、頻度も低い気がする。

というわけで、物理的なものを説明するんだったら、むしろGoogle翻訳よりむしろGoogle画像検索で、「コレ」と見せたほうがずっと確実だわ!と思った次第でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

英語が話せないタイ人にも通じる「英語=タイ語」。 [タイ語]

バンコクは、東京よりもずっと英語が通じると思います。

まあ外国人率も格段に高い印象があるから、そりゃそうなんでしょうね。

それでも、外国人が少ないローカルエリアに出ると、ガクッと英語通じる度は低くなりますし、お店も外国人ターゲットのレストランならもちろん英語は通じますが、食堂や屋台では通じない、ということも。

まあ食堂や屋台でも、外国人がよく来るエリアならば、たいがい簡単なことは話せたりするんですけどね。 

もしくは職業にもよりますよね。

外国人が多く住んでいるコンドミニアムなんかだと、昼間いるマネージャーさんは英語が話せますが、夜中に常駐している警備員さんは全く英語が話せない、というのはよくあることだと思います。

さて最近、私は最近病院に行ったのですが、別に心配されるようなんじゃないんですよ。 

でも病院に行くと言ったものだから、英語が話せないタイ人が心配しちゃって、困りました。

(あなたが)心配だ ・・・เป็นห่วง( คุณ ) ペン・ファン・(クン)

心配しないで・・・ไม่ตอ้งเป็นห่วง マイ・トン・ペン・フアン

という会話でもいいんだろうし、タイに来たら誰でも真っ先に覚えるであろう言葉、得意のマイ・ペン・ライ(大丈夫)でも良かったんだけど、「いや、マジでそういんじゃないっす」ということを言いたかったんですよね。

で、深刻なんじゃないよ、と言いたくて「マイ・シリアス」と試しに言ってみたら通じた。

ええ、seriusは英語ですよ。

でも英語がそのままタイ語にもなっていて、意味もそのままシリアス=深刻という意味。

日本語でも外来語がそのままタイ語になったものってあるけど、タイ語もたまにそういうのがあるから、おおー!と思います。

日本でもそうですが、元々タイにはなかった概念、西洋から入ってきたものは、だいたいそうですよね。

タクシー、フットボール、カフェ、コンビューター、ビザあたりはそのまんまです。

でも薬がヤーで、茶がチャーなのは、きっと中国から入ってきたからなんだろうなあ。

ちなみに日本語からきた言葉といえば、津波とカラオケは英語でもそのままですが、タイ語でもインドネシア語でもそのままです。

日本が世界よりも先駆けて持っていた概念がが、津波とカラオケ。なんか複雑な気持ちになりますね。 

ほかにもあるのかなー。ちなみにカンボジアで会ったドイツ人カップルは「変態」という言葉を知ってたよ。

もっと複雑・・・。

しかし日本のことをほとんど知らないヨーロッパ人が必ず聞いてくる話って、毒持った魚を喰うんだろ?っていうフグトークね。

ま、これくらいはいいですけどね。  そのドイツ人カップルに意気揚々と聞かれたのでふと思い出しました。

ちなみに侍はもう100年以上いないよっていうと、本気でちょっとがっかりする人もいまだにいるよね。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

クアームスック 幸せ。 [タイ語]

すごーい、わかるよわかるよ!
なんだか急に少しタイ語でタイ人と会話が出来るようになってきた。

嬉しい!
前は本当に自己紹介レベルのことと、あとはトイレ何処とかいくらですか?とか、美味しいとかキレイとか、その程度、つまり観光客レベルしか話せなかったんだけど。

エレベーターに同乗した人とかと会話が成立して、ああ幸せって思った。

勿論カンタンな会話だけど、うれしい。
幸せは、タイ語でクアームスックである。

前の3件 | - タイ語 ブログトップ