So-net無料ブログ作成
日本人について思うこと ブログトップ
前の3件 | -

東京で再び働き始めて1か月。 [日本人について思うこと]

東京で再び働き始めて1か月。
思うところはある。
自分が浦島太郎みたいに思うこともある。
4年留守にしている間に、外見だけずいぶん年をとったし、日本で流行っているものもピンとこない。
だいたいなんで制服みたいにみんな同じ格好をしているのだ?
喪中でもないのに、どうしてみんな白、黒、グレー、紺ばっかり来ているの?
それもこれも、価値観が、愛されOL、素敵OL、あこがれられOLみたいな陳腐なステレオタイプに
集約していってしまうからではないだろうかと考える。
東京のバリキャリウーマンってこんな感じ、素敵OLってこんな感じっていうビューが
ここにいるとみんな同じ方向にいってしまうんだろう。
わかる気がする。
私も4年ぶりで、秋服も冬服も4年前のものしかないため、なんかどこか古臭い。
そこで洋服を買いたいなと思ったときに、しかし新入社員ということもあって悪目立ちをするべきではない。
となると、周囲を見渡して素敵に見えた人の模倣に入ってしまう。
あんな感じの服いいな・・みたいにね。
だけど、周りを見回すと、まあまあほんとみんな同じ格好すぎて、、、自分も入隊したみたいな感じになることを思って絶句する。
まあこういう超シンプル服が数年前から流行していることは帰国のたびに感じて、つまんねーーのと思っていたけど、自分も帰国してきたとなると
その流れに乗るようになってしまう自己矛盾。
なんだかねー。
ま、着たいものを着なさいなっていうシンプルな話なんだけど、ここにいるとあっという間に自分の価値観が
スポイルされ、毒されていっていまう危険をすごく感じている。
ちなみに私は超シンプル服は好きである。
好きだった。
でもそれは、みんなが着飾っている時分だったからこそ、映えたというのがある。
みんながみんな究極のシンプルを追求し始めたら、本当に学校制服の世界である。
そして差をつけるのはディテール。。
学生のおしゃれだよね。
ちょっと丈を詰めてみる、みたいな。。。
私も、あいつは愛されOLでもなければ、憧れられOLでもない、ということで、勝手に低く価値を見積もられるだけではなく、
それを真に受けて、ああ私はイケテナイ人間なんだと思ったり、愛されたりあこがれられたりするために努力をしようとしたりしてしまいそう。
まあ私の会社が外資系なので、そこまで・・と思いたいが、どうだろう。
そんなことを思いながら、バリバリのオフィス街から、勝手知ったる新宿へ。
やっぱり新宿は面白いな。
新宿こそ東京だと認識している自分がいることに気づく。
本帰国してからは新宿にはあまり行っていなかったのだが、もっと来ていてもよかったかもと思った。
だいたい新宿ルミネを端から端までクロールし、ユニクロ、無印良品、ZARA、H&M、Forever21もチェック。
そうすると、だいたい今東京の標準的なファッションがどういう感じのステータスなのかというのが、なんとなくつかめてくる。
新宿はそれがやりやすい街。
私はもう大人で、すごくとんがった服は必要ないし、だいたい東京ファッションの流れはすでに
全然追えてないので、新宿リサーチが必要十分なのである。
しかしファッションとは不思議なものである。
今年のファッションの意味はわからなくもない。
売っているものは、すでに私が通過してきたものばかりである。
つまり、それを魅力的に思って着てきた私がいるのだから、それを今かわいい素敵とおもう人がいるのもわかる。
しかし私としてはもう着つくして飽きた流れがあるわけで、新鮮味がない。
ファッションって新鮮味があってこそ成り立つもの。
だからこそ、どんなに素敵な服だとしても、町中の人がみんな着てたら、その時点で新鮮味がないのである。
というわけでね、、、
だからこそやっぱり他人がどういう服を着ているかというのも知らなくちゃいけない。
日本に住んでいたころは自分にとって新鮮=他人にとっても新鮮だからめんどくさいことはなかった。
でも今は違う。
日本に帰国してきたばかりで新鮮に映ったものが、実はみんなが去年着まくったものということもあるだろう。
それでもいいじゃん?とも思うけど、1年後のことを考える。
私はすでに日本のファッションの系譜をつかんできているであろう。
そうなったときに、その服をもう着たくない、と感じるのじゃないだろうか。
それを恐れる。
ちなみに上戸彩がソフトバンクのCMで着ているようなピンク色のVネックのワンピースがすごく素敵だと思って、欲しいと思った。
街中でああいうワンピースを着ている人も素敵に見える。
着ている人はたくさんいるのに、どこで売っているのかよくわからない・・と思っていたところ、
昨日、まさにこういうのだわよ!っていうのを新宿で発見した。
素敵だった。
だけど、それを着ている私を想像してみたら、私は一体どこへ行こうとしているのだろうかと感じた。
芸能人ならいいし、結婚式とか保護者会とか、イベント用ならいい。
でもこれを日常的に末永く着て歩く意味がよくわからない、、、みたいな気持ちになった。
だいたい女性的すぎる。
こんな服を着た女性が、バリバリといいシステムを作るようには見えない。
なんだか無意識に「私は補助的立場で満足しています」というメッセージを送ってしまうような服に見えた。
攻めが足りなすぎる。
きりッと感が足りない。
おしゃれでかわいいし、上品でもある。
だが、そこにカッコよさ、クールさ、知性、オリジナリティもわたくしは求めますが、それはなかった。
まあそんな東京ライフ。
今日は素敵なガーデンカフェを会社の近所に見つけ、気候もすこぶるよく、つかの間の幸せを味わったけど。
まだうまく機能してない。
しかし
そんなことをうだうだと思いながらも、新宿クロールを終えたら
ことのほか気分がすっきりしていた。
東京では、楽しみが物欲に偏りがちになる。
より機能がいいもの、よりおしゃれなもの、、と、尽きることがない
物欲を追い求めながら生活していくことになりそうだ。
それも危機感を感じていたとろではある。
タイには確実に違う生き方と人生の楽しみがあった。
なんだか過食症的である、東京ライフは。
タイではもっと健全な食欲と満腹感があったように思う。
必要十分なものをそろえれば、それでしばらくは満足して暮らせ、
たまに生活への彩として、不必要だけど可愛いものを買ったり、
道具をアップデートしたりする。
そもそもそんなに素敵なものであふれていないから、そういう
健全なサイクルで成り立っていたと思う。
ところが東京ライフはどうだろう。
目移りしようと思えばいくらでも目移りできる。
手が届く距離間に、より新しく、より素敵なものが続々と
アピールされてくる。
消費行動、購買行動に追われる東京ライフを不毛に感じて、
ミニマムライフに移行している流れはあるのだろう。
だけどやっぱり、ミニマムライフには、ではそのぶん生活の楽しみをどこに
持ってくるのか?っということが必要なのだが、それに代わる
楽しみ方が東京には少ない気がするわ。
結局、スポーツやイベントを楽しむしても、そこには
そのためのグッズやファッションに凝るという楽しみ方に
人々は走っている気がする。
料理にしたって、結局は道具や素材に凝る方向に行ってしまう。。
なんか解放されない感じある。
さてずいぶん話が冗長になったが、なぜ新宿クロールが楽しかったか。
結局、foerver21でセール品になっている1000円のセーターを2枚買ったからな気がする。
ファストファッション、すごい。
もっと大事に洋服を買おうと思うけど、今みたいにとにかく
服がないし、みんなと同じ制服みたいな服にお金もかけたくないし、
みたいなときに、なんて便利なのでしょう。
日本は高い。
2週間ほど前、新宿に寄ったときは新宿新南口あたりで、ふと疲労を感じて、ちょっとカフェにでも入って
一服したかったとき、駅前カフェのコーヒーがどこも
400円くらいして愕然とした。
こんな町もういやだと思った。
新宿はカフェ難民になりやすい街。
カフェ難民になるのはとても嫌である。
でも一方で、日本は安くもある。
それになんだかんだと都会の刺激があった。
目に入ってくる情報量が多く、歩くだけで楽しい。
今回はやっぱり新宿付近に住めばよかったかなと思ったりした。
そう、今度は違う街に住む。何はともあれ、これからは部屋作りの楽しみ=東京ライフをどう形作っていくのかという楽しみが出てくる。
楽しみなことは楽しみだ。
だが、すでに東京つまんねーな、みたいな閉塞感を感じつつもある。
もちろん自分のキャパシティのせいもある。
どこにいても楽しみは自分次第で見つけられるというのも半ばは正論である。
とはいえ、半ばは人間を組織でうまく飼いならすための嘘である。
海水でしか生きられない魚を淡水に持ってきても弱って死んでしまう。
自分があう環境に移動して、好きなように生きるべきと私は思う。
だけど、組織とうまく付き合っていかないと人間は生きられないというのもまた半ばは正論。
このバランス、距離感が問われる時代なんだろうなあ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

人間ベルトコンベアー!! [日本人について思うこと]

今日本に帰国してきており、今日は運転免許の更新に行ってきました。
いやぁー、日本の真骨頂を見た気がする。
なんてシステマティック!
なんてスムーズ!!
なんて合理的!

この人間ベルトコンベアシステムを構築して運用してるほうも凄いけど、協力的に自らスムーズに流されていく客というか日本人すげーと思いました。

我々はスムーズに物事を進ませるために自我を殺して無になることを会得している民族であるとつくづく思いました。

満員電車だってそうだ。
電車が遅延している。
でもあと15分で動くと言っている。
待つしかない。
そうなったらホームで並んで粛々と待つ。
できる限り大人数が乗り込めるように、貨物になって、感覚をシャットダウンして電車に押し込まれる。

この感覚と似たものを免許センターでも感じて、なんかすげーと思った。
よくも悪くも。

絶対に欧米人にもタイ人にも無理じゃね?と思った。
あちこちでマイペース行動や自己主張行動が蔓延して、こんなにうまく流れないんじゃね?と思った。

いやぁホントに車の生産管理方法なんだっけ?ホンダだかトヨタだかのなんとか式。
あれ思い出したもん。

すべての持ち場の職員が迷い子を出さないように、更新者の手持ちの表をきちっと事前に確認して、事後にも確認する。

迷い用がないように。。

これは凄いけど、たぶん日本にいたら「免許更新、時間かかるし疲れたわ~」という感想しか持たなかったと思うんだけど、タイ帰りの私は、日本においてはこのようにシステムの一部として粛々と自我を殺しベルトコンベアを流れていくことを日常的に耐えていかなくてはいけないのだと思い知った。

日本で暮らすとはそういうことで、いつの間にかそのことが当たり前になり、如何にベルトコンベアをスムーズにうまく流れられるかが、自らが優秀であるか、ということになっていくのだ。
先読み力、空気読み力、、、そういうことが能力として叫ばれがちなのも納得。

つまり的確で優秀な歯車であることこそが求められる生活。。

もちろん生活の100%ではないだろう。
でもそういうことが生活の中に締める率がタイにいるよりずっと高いんだっけね。。

なんか息苦しいかも。
なあんて、思っちゃった。

まあ無いものねだりだね。
同じだけの手続きをやろうとしたら、日本なら1時間半で済むことだけど、タイなら5時間かかってる可能性高し。
それでもっと合理的にやれないの?と、へなへなーってなってるかもだからね(笑)

人間はぜいたくだ。

nice!(0)  コメント(0) 

小林麻央さんが亡くなってブログの強さを思う。 [日本人について思うこと]

小林麻央さんが亡くなったそうですね。


日本のテレビを見る習慣も、日本のニュースを毎日チェックする習慣もないので、これを知ったのは数日経ってから、日本人の友人に聞きました。


こういうニュースについて感想を言えたりするのは、同国人ならではですね。


異国にいても、同国人をもち、雑談の時間を持てるというのは幸せなことだと思います。


異国で、同国人だけでかたまるのもどうかと思うけど、同国人の友達は大切ですね。


些細なことだけど、他の国の人にはわかってもらえないことを吐き出したり、共有できたりするということはありがたいことです。


タイ人はじめ外国人の友達に、「麻央ちゃんが亡くなった」と言ったとしても「だれ?ふーん」だろうし。


つい最近までブログを更新していたはず・・と思って見にいくと6/20まで更新されていた。


つまり1週間前まで、彼女の存在は確かにそこにあったわけで。


そして死を間近に控えた人の生きる喜びの表現というのが、とても瑞々しくて、涙腺にくるものがあります。


聞いたことがあります。


死を間近に控えてみて初めて、世の中の美しさを新鮮に感じることがあると。


彼女のブログにはまさにそれが感じられる。


母親が毎朝絞ってくれるオレンジジュースの美味しさ。


久しぶりに感じた外の太陽の熱と眩しさ。


お風呂を楽しみにし、蚊を恐れ、子供たちとの触れ合いを楽しむ。


ブログっていいものだなーと思いました。


日記もSNSもそれはそれで使い勝手があるんだけど、一日の中で一番ハッとしたことをオフィシャルに発信していくという彼女のスタイル、個人的過ぎず、とても良かったなと思いました。


もちろん末期ガン闘病中ともなれば、苦しみや痛みに支配されている時間の方が多いはずで、側にいて見ている人が辛くなるほどだというので、そちらの方が真実の姿かもしれないけれど、そういう時間が大半を占めたとしても、まだまだ感じたり考えたり、人とコミュニケーションをとって、愛を伝えあったり、生きていることを楽しむ時間がある、それを発信できたことが大きい。


子ども達が大きくなっていく過程で、お母さんを思い出して読むにも適しているし、これがあることで母親が恋しい時に支えにもなるでしょうね。


と感じました。


あとはニュースを読んで、海老蔵が「息を引き取る瞬間、私を見ていた。愛していると言って、そのひとことを言って、本当にそれで旅立ちました」と言っていて、なんて幸せな夫婦だったんだろうなと思いました。


あんな失言大王みたいな海老蔵を愛せる能力ってすごいなーとか思っちゃうけど、人は皆不完全なもの。


不完全さを厭わず、愛し愛される能力・・・大切ですよね。


ガンで死ぬというのは、苦しむ期間を経て死ぬので突然死よりも辛い部分もあるけど、最期にゆっくり家族と過ごすことができて、そして愛する人を見つめながら、しかも愛を伝えて死ねるってとても幸せな死でもあるなーと勝手ながら思いました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - 日本人について思うこと ブログトップ