So-net無料ブログ作成
検索選択
日本人について思うこと ブログトップ
前の3件 | -

小林麻央さんが亡くなってブログの強さを思う。 [日本人について思うこと]

小林麻央さんが亡くなったそうですね。


日本のテレビを見る習慣も、日本のニュースを毎日チェックする習慣もないので、これを知ったのは数日経ってから、日本人の友人に聞きました。


こういうニュースについて感想を言えたりするのは、同国人ならではですね。


異国にいても、同国人をもち、雑談の時間を持てるというのは幸せなことだと思います。


異国で、同国人だけでかたまるのもどうかと思うけど、同国人の友達は大切ですね。


些細なことだけど、他の国の人にはわかってもらえないことを吐き出したり、共有できたりするということはありがたいことです。


タイ人はじめ外国人の友達に、「麻央ちゃんが亡くなった」と言ったとしても「だれ?ふーん」だろうし。


つい最近までブログを更新していたはず・・と思って見にいくと6/20まで更新されていた。


つまり1週間前まで、彼女の存在は確かにそこにあったわけで。


そして死を間近に控えた人の生きる喜びの表現というのが、とても瑞々しくて、涙腺にくるものがあります。


聞いたことがあります。


死を間近に控えてみて初めて、世の中の美しさを新鮮に感じることがあると。


彼女のブログにはまさにそれが感じられる。


母親が毎朝絞ってくれるオレンジジュースの美味しさ。


久しぶりに感じた外の太陽の熱と眩しさ。


お風呂を楽しみにし、蚊を恐れ、子供たちとの触れ合いを楽しむ。


ブログっていいものだなーと思いました。


日記もSNSもそれはそれで使い勝手があるんだけど、一日の中で一番ハッとしたことをオフィシャルに発信していくという彼女のスタイル、個人的過ぎず、とても良かったなと思いました。


もちろん末期ガン闘病中ともなれば、苦しみや痛みに支配されている時間の方が多いはずで、側にいて見ている人が辛くなるほどだというので、そちらの方が真実の姿かもしれないけれど、そういう時間が大半を占めたとしても、まだまだ感じたり考えたり、人とコミュニケーションをとって、愛を伝えあったり、生きていることを楽しむ時間がある、それを発信できたことが大きい。


子ども達が大きくなっていく過程で、お母さんを思い出して読むにも適しているし、これがあることで母親が恋しい時に支えにもなるでしょうね。


と感じました。


あとはニュースを読んで、海老蔵が「息を引き取る瞬間、私を見ていた。愛していると言って、そのひとことを言って、本当にそれで旅立ちました」と言っていて、なんて幸せな夫婦だったんだろうなと思いました。


あんな失言大王みたいな海老蔵を愛せる能力ってすごいなーとか思っちゃうけど、人は皆不完全なもの。


不完全さを厭わず、愛し愛される能力・・・大切ですよね。


ガンで死ぬというのは、苦しむ期間を経て死ぬので突然死よりも辛い部分もあるけど、最期にゆっくり家族と過ごすことができて、そして愛する人を見つめながら、しかも愛を伝えて死ねるってとても幸せな死でもあるなーと勝手ながら思いました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

三月の東京にびっくり。 [日本人について思うこと]

三寒四温。

とは言ったものだねー。

いや私だって日本人だし、日本に数十年暮らしてきたんだからよく知ってるつもりだったけど、改めて三寒四温ぷりにびっくり。

私は両親の家に冬服だの全てがあるので、着るものに困らないけど、これは旅行者的には大変よねー。

春服を着てたらバカみたいに寒い日と、冬服を着てたら間抜けな暖かい日と、交互にやってきて、ちょっとした着脱で対応できるレベルを多少超えている・・・。

そしてもう一つびっくりしたのが、マスク人口の多さ。

ドコモショップの店員が全員感染症予防のためと言ってマスクをしてるのには驚いた!

病院だって受付スタッフまで全員マスクしてたら驚くけど、まあ病院だから、、、と思えたけど。

ちょっとわたしの目には奇異に映った。

それから室内の乾燥っぷり。

カフェに入ってたりして、何度「鼻の穴の中が乾燥して痛い!ここは機内か?」と思ったことか。。

それでも寒すぎず、けれどもお風呂が楽しいほどの寒さの日本で、風呂を楽しめるのは幸せ。

毎晩のお風呂が楽しみ。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

東南アジア人との恋愛ー日本人男性の自殺未遂を受けて [日本人について思うこと]

知り合いの日本人男性が、タイ人女性に振られて自殺未遂しました。

まあ、狂言自殺と自殺未遂の間くらい?

どこまで本気だったのかはわかりません。

振られて自殺未遂するor狂言自殺する人って何なんだろね?

そんなことをしたら、まだあったかもしれない可能性が、限りなくゼロになるってことに気付かないの?

ってことにびっくりする。

でもそれは他人事だからで、自分ごとだとわからなくなってしまうのが恋なのか。

恋煩いとはいったもので、客観的な判断ができなくなることにおいてはもはや病気状態だもんね。

恋愛状態というのは、一種の異常状態なのだと読んだことはある。

それとも元々メンヘラ気質というか、ちょっとかまってちゃん気質があるということなのか。

しかもいい年のおっさん。

でもまあ、タイでは、年齢にかかわらず、青年から老年まで、タイ女性に狂ってしまう日本人男性は後を立たないわけなので、恋に年齢も性別も関係ないんだなーと改めて思いました。

あと、なぜそこまでタイ女性にどハマりするのかと考えてみた。

そこで要するに、人は「自分のことを認めてくれ、優しい甘い言葉をかけてくれ、素敵な笑顔で接してくれ、親切にしてくれ、好いてくれる人を好きになるのだ」という大原則に改めて思い至りました。

要するに、金持ちという日本人ブランドのおかげで、タイでは日本人男性の価値は日本にいる時より上がるわけです。

日本にいたら、絶対に自分なんか相手にしてくれないようなレベルの若くて可愛い女性が、こちらではニコニコと好意があるかのように恋愛対象かのように接してくれるということがあるんだよねー。

そこが年甲斐もなく恋愛感情が大いに発動してしまうポイントかなと思いました。

金目的に決まってるのに!!!

と思う人もいっぱいいるにもかかわらずね。

そこもポイントです。

とはいえ金目的に決まってるのになぜ?という。

そこなんだけども・・・

色々な話を聞くにつれ、金だけではないとも思い始めました。

特に女性は、甲斐性のない男の子供を産んでしまって、後々苦しい思いをするのは自分ですから、結婚相手の選定には現実的です。

経済力はその中のチェックポイントの一つであって、全てではない。

その証拠に今回だって最終的に振られたわけで、日本人で金があるから振られないということではない。

ただ魅力が底上げされるだけ。

とはいえ日本にも木嶋佳苗がいるように、タイにも木嶋佳苗がいる。

つまり金を吸い上げることだけが目的な人もいる。

一方、日本にだっておそらく、キャバクラ嬢とお客さんの関係から夫婦になって普通に幸せに暮らしている人もいると思うんですよね。

それと一緒で、一見金目的に決まってるというような環境で始まった関係だとしても、普通の恋愛関係になった人もいると思うんですよね。

とにかく金目的のケースは多いけど、100%ではないところがミソなのではないかと思います。

俺だけは違うって思っちゃうんでしょうね。

でもって、 実際、そういうこともあるから、周囲は「いや絶対に金目的ですって」と証拠を突きつけることはできない。

まあある意味、win-winの関係のカップルなわけですしね、関係が成立しているなら。

 

タイに住んでいて、今まで出会った日本人在住者と話していると、以下のパターンが見受けられます。

1)タイ人を恋愛対象とは考えられない。お金目的に決まってるじゃん。もしくはお金で苦労するに決まってるじゃん。ー30%

2)タイ人と付き合ったことはある。でもお金目的っぷりが感じられて、以降タイ人との恋愛は嫌になった。ー10%

3)タイ人と付き合ったことはある。でもお金以外の部分で、価値観や気質などに埋められない壁、絶対に無理!と思わせられる溝を感じて、以降タイ人との恋愛は嫌になった。ー15%

4)タイ人と現在、結婚して家庭を営んでいる。または順調におつきあいをしている。ー22.5%

5)その他(別にタイ人と付き合ってみてもいいんだけど、特に今のところご縁がない。すでにタイ人以外と結婚しているなど) ー22.5%

って感じかなー。 

あくまでの私の体感だけど。

婚活層の独身男女は、やっぱり日本人と結婚したい!という人が多い。

周囲の話などを聞いたりした結果、最初からタイ人を恋愛対象とは考えられないというタイプと、経験した上でやっぱり日本人!という考えの人といますが。

でもかたや、タイ人と恋愛中だったり、タイ人とすでに結婚してる人もたくさんいます。

なので、体感としてはざっくり、東南アジア人との恋愛肯定派と否定派は、半々!って感じかな。

しかし、東南アジア人との恋愛問題というのは、人間とは何か、人生とは何か、金とは何か、貧富の差とは何か、というのをまざまざと見せつけられ、考えさせられた一つの事象といえましょう。

そして東南アジアだけではなくて、ジャマイカやトルコなどでも、外国人相手の恋愛詐欺的なものは多いということを聞き。

経済力が低いところ、そして外国人観光客が多いところでは、経済力のある外国人をなんとかモノにしようというスレた考えが横行するのだな・・となんだか殺伐とした気持ちになりますね。

愛されて、歓迎されているのは自国の経済力だけ、のような。。 

ところが、自国より経済力の高い国に住もうものなら、 今度は不法移民的な扱いを受けたり、差別を受けたりと、自国にいるよりも価値の低い人間として扱われたりすることもあるんでしょうね。

これが現実。

でもこれは現実をとてもクールに見たときの一般論であって、 そんなに悲観的に見ることもないと思う。

私自身は、それでも外国人との恋愛肯定派!

外国人だって、いろいろいるからね。

win-winになれればいいんじゃないの。

ただ、それでボロボロになって社会的信用までも失ってしまったり、全財産を騙し取られたりするのは悲しいことだよね。 

まあでもさー、それをどう防げるか?って言われたら、なんとも・・だよね。

年齢差が大きければ、危険度は増すと思うけど。

木嶋佳苗ケースも実際タイでもあるんですよね。

全く綺麗でない60がらみのおばさんが70歳くらいの日本人男性を保険金殺人・・みたいのとか。

だから若くて綺麗じゃないから安心!ってこともないと思うしねえ。

まあでもさ、おじいさんファランとか割り切ってるみたいよ。

お気に入りの家政婦を雇って、面倒を見てもらって最後を看取ってもらうくらいのつもりでタイ人と結婚したりしてるんじゃないかな。

まあ悪くない取引かもしれないよね? 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - 日本人について思うこと ブログトップ