So-net無料ブログ作成
検索選択

小林麻央さんが亡くなってブログの強さを思う。 [日本人について思うこと]

小林麻央さんが亡くなったそうですね。


日本のテレビを見る習慣も、日本のニュースを毎日チェックする習慣もないので、これを知ったのは数日経ってから、日本人の友人に聞きました。


こういうニュースについて感想を言えたりするのは、同国人ならではですね。


異国にいても、同国人をもち、雑談の時間を持てるというのは幸せなことだと思います。


異国で、同国人だけでかたまるのもどうかと思うけど、同国人の友達は大切ですね。


些細なことだけど、他の国の人にはわかってもらえないことを吐き出したり、共有できたりするということはありがたいことです。


タイ人はじめ外国人の友達に、「麻央ちゃんが亡くなった」と言ったとしても「だれ?ふーん」だろうし。


つい最近までブログを更新していたはず・・と思って見にいくと6/20まで更新されていた。


つまり1週間前まで、彼女の存在は確かにそこにあったわけで。


そして死を間近に控えた人の生きる喜びの表現というのが、とても瑞々しくて、涙腺にくるものがあります。


聞いたことがあります。


死を間近に控えてみて初めて、世の中の美しさを新鮮に感じることがあると。


彼女のブログにはまさにそれが感じられる。


母親が毎朝絞ってくれるオレンジジュースの美味しさ。


久しぶりに感じた外の太陽の熱と眩しさ。


お風呂を楽しみにし、蚊を恐れ、子供たちとの触れ合いを楽しむ。


ブログっていいものだなーと思いました。


日記もSNSもそれはそれで使い勝手があるんだけど、一日の中で一番ハッとしたことをオフィシャルに発信していくという彼女のスタイル、個人的過ぎず、とても良かったなと思いました。


もちろん末期ガン闘病中ともなれば、苦しみや痛みに支配されている時間の方が多いはずで、側にいて見ている人が辛くなるほどだというので、そちらの方が真実の姿かもしれないけれど、そういう時間が大半を占めたとしても、まだまだ感じたり考えたり、人とコミュニケーションをとって、愛を伝えあったり、生きていることを楽しむ時間がある、それを発信できたことが大きい。


子ども達が大きくなっていく過程で、お母さんを思い出して読むにも適しているし、これがあることで母親が恋しい時に支えにもなるでしょうね。


と感じました。


あとはニュースを読んで、海老蔵が「息を引き取る瞬間、私を見ていた。愛していると言って、そのひとことを言って、本当にそれで旅立ちました」と言っていて、なんて幸せな夫婦だったんだろうなと思いました。


あんな失言大王みたいな海老蔵を愛せる能力ってすごいなーとか思っちゃうけど、人は皆不完全なもの。


不完全さを厭わず、愛し愛される能力・・・大切ですよね。


ガンで死ぬというのは、苦しむ期間を経て死ぬので突然死よりも辛い部分もあるけど、最期にゆっくり家族と過ごすことができて、そして愛する人を見つめながら、しかも愛を伝えて死ねるってとても幸せな死でもあるなーと勝手ながら思いました。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

タイ人スタッフ(一児の母)が会社の金を持ち逃げして家出。 [バンコクで働く!]

知人の会社で事件が。


タイ人の事務スタッフが無断欠勤。


翌日、同居の夫が「昨日から家に帰らない。どこにいるか知らないか?子どもも連れていったようだ」と、会社に訪ねてきた。


バンコクにある実家の方にももちろん確認済みだが、誰も行方は知らないという。


彼女は会社の現金を扱っていた。


オフィスの家賃を払ったり、税金を払ったり、そういうことを担当していたのだが、調べたところ、支払われるべき現金が数日前から支払われていないことがわかった。


つまりその数日分の現金を着服して逃亡したことになる。



一体何があったのだろうか。



額は日本円にして85万円ほどで、タイの平均的な世帯収入1年間分といった額。


つまり日本に住んでいる日本人の感覚であれば、500万円ぐらいの感覚だ。


これをどう取るか。


例えば夫の暴力に耐えかねての家出、とかだったとしよう。


普通ならまず実家に逃げたり、帰ったりするんじゃないの?と思うけど、例えば実家に帰っても連れ戻されてしまうということを何度も繰り返していたとする。


実家も毒親で頼りにならないとかさ。


だから逃亡するにも、とりあえず逃亡資金が必要だ。


もしくは他に男がいての、駆け落ち資金だとしても同じこと。


いつか返しますから、当面はすみません・・・そういう感じだとしたら、額はせいぜい月収分くらいで十分だと思わない?


かといって、一世一代の犯罪を犯してまでぶんどる金額にしてはそれで一生遊び暮らせるわけでもなく、中途半端。


借金でも抱えていたのだろうか。


実は夫が黒幕で、妻に会社の金を横領させておいて、行方不明ということにし、妻に濡れ衣を着せて殺していたりして。。。


((((;゚Д゚)))))))


まあでもなあ、目先のことを考えずに簡単に犯罪を犯したりするタイ人って結構いるからなあ、こんな完全に足がつくような犯罪を犯してまでも、目先の大金でしかない、されど大金である80万円を着服することを優先するような人がいても全くおかしくないのだが。


なんだかんだで、情状酌量してもらえる、謝れば許してもらえるんじゃないかって思ってそうだし。


もしかしたら手癖が悪いけど、そういう風になんだかんだで許してもらってきていて、苦しくなったらすぐ盗むような癖がついている人だったのかもしれないし。


それとも、この会社、お金いっぱいありそうだし、退職金としてこれくらいもらっても痛くも痒くもないだろう、とかいう謎思想の元に、勝手にもらっていったつもりだったりして。


または、計画的というわけではなくて、ふと魔が差したのか。


だからこの中途半端な金額なのか。


でも子どももいる母親だからね。


旦那さんだって、ちゃんと職を持って働いているようだし。


しかし無断欠勤の前日まで、全く変わった様子はなかったそうで・・・。


とはいえ、数日前から着服していたわけだから、変わった様子を見せなかっただけなのだろうけど。。


真相は謎。


ただまあ、夫をおいて子供と家出したということは、夫とうまくいっていたわけではないんだろうなー。


そして子供をおいて行かなかったということは、それなりに母親としての自覚とか責任みたいなものもあったのではないか。


そして実家も頼りにならないんだろう。


さあどうなんだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

犬も歩けば。 [バンコクライフ!]

バンコクに来てから、あんまりウロウロしなくなった。
犬も歩けば棒に当たるかと思って探索したものの、全然当たらない経験をあまりに多くしたからである。

でも今の家の近所に関しては、最近発見だらけで、なんで今までこっちに向かって歩かなかったんだろう!と悔やまれる位。

今日は墓地兼公園に来てるんだけど、まさかこんな素敵なところだったなんて!

いや墓地だしなー、、と敬遠してたんだけど中に入ってみたら遠目から眺めるよりずっとピースフルな場所だった。

中にカフェがあったりして、珈琲ちゃんと美味しいのに30THBとlocal価格だし。

日中なのにジョギング出来ちゃう位に巨木のアーチが日陰を作ってくれてるし、ピクニックだって出来ちゃう感じの整えられた芝生地帯もあって、運動してる人、遊びに来てる家族連れや子供たちと、顔ぶれの雰囲気もとっても良い。

いいエネルギーもらった。
休日にぶらり散歩して気分よくなれるようないい雰囲気の下町みたいなものを近所に求めていたけど、諦めかかっていたので本当に幸せ。

1497774446503936784976.jpg