So-net無料ブログ作成

バンコクでIELTSを受験することになるかも!?その1 [バンコクでTOEIC]

最近、英語圏への転職を考え始めた私。

イギリス勤務の案件をご紹介いただくことに。

それに先立ち、「IELTSのスコア持ってる?」と訊かれる。

IELTSって留学に必要なテストじゃないの?

ビジネスでいるなんて!

ビジネスはTOEIC一択だと思ってたのにー!!!

そう、なんとイギリスではビジネスビザの申請にIELSTSのスコアが必要なんですって。

というわけで、もう全くIELTSに興味がなかった私がIELTS受験について調べてみることに。

おそらくタイで受験する方が日本で受験するより安いようなので、それも含めてチェックしたので、興味ある人はこちらをどうぞ。↓

タイ、バンコクでIELTSを受験する?! 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

タイでジーンズを買うとは・・・ [バンコクライフ!]

タイで初めてジーンズを買いました。

どういう風の吹き回しかな。

当初、タイには日本からジーンズを2本持ってきていました。

でもね、タイは暑いのでジーンズなんかほとんど履かないんですよ。

もちろんジーンズ履いてる人はいっぱいいるんだけど、私は暑くて履く気がゼロ。

ノースリーブのワンピースしか出番がないような生活をおくっていました。

そんな私がなぜか此の期に及んでジーンズ買っちゃった。

しかも100THBだったから!とかじゃなくて、そこそこちゃんとした店のちゃんとした値段のやつを。。 

まあレギンスに毛が生えたくらいの薄い生地でストレッチがきいたやつなので、ごわごわで分厚いジーンズではないんだけどね。

心境の変化かなあ。 

しかもスーパースリムなやつ。

20年くらい前だよな、初めてストレッチが効いた薄めの生地のスーパースリムなジーンズ買ったのって。

あれが意外と便利で、かなり履き続けたんだけど、タイに持ってこなかったのはなんでだっけ?

さすがに穴でも空いて捨てたのかな、記憶になし。

このスーパースリムの人気っていつまで続くのかね?

結局定番化したよね。

まあでもあの頃のジーンズはお尻の割れ目が見えるくらいの極浅。

でも今回買ったのはおへその穴に到達するハイウェストなジーンズ。

高校時代に戻ったようだわ。

タイではこういうスリムジーンズ履いてる女子率、かなり高い。

なんせ制服がポロシャツでボトムは自由だったりするので、結局スリムジーンズが相性がいいってことなんだと思う。

特にブラックジーンズが多いかなあ。

というわけで、私もタイ女子にますます近づいた気分。

なんだろうか、ほんとこの気持ちの変化。

まあでもアクティブな気分ってとこだとしたら、まあいい変化なのかも?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

超絶美味しいカレーとは。カレーについて考える。 [タイの食べ物]

グリーンカレーが大好きで、世界一美味しいと思って来タイした私だったが、実際タイに来てみると、日本で食べるグリーンカレーほど、タイのグリーンカレーは美味しくない。

というか、美味しい場合もあるけど、すごくローカルな味からすごく外国人向けの味まで振れ幅が大きく、どういう味のものが出て来るかがとてもギャンブルな事もあり、すっかりグリーンカレーを頼むことはなくなった。

その代わり、チェンマイやミャンマーで有名なゲーンハンレーや、南部などイスラム圏で有名なマッサマンカレーなど、日本にいるときにはその存在を知らず食べた事もなかった美味しいカレーを来てから知った。

マッサマンカレーのその特色は、ピーナッツペースト(またはカシューナッツ)、タマリンド(またはトマト)、ココナッツミルク、ジャガイモあたりにあるんじゃないかと思う。

意外と欧風カレーっぽいのだが、違う点といえば、ピーナッツ、タマリンド、 ココナッツミルクあたりが、個性なんじゃないかなという感じ。

ゲーンハンレーは、トマト煮込みっぽい酸っぱい美味しさ(でも深いコク)の美味しさでこちらの要はタマリンド(またはトマト)、生姜あたりなんだろうなー。タイのカレーにしてはココナッツミルクが入ってないというのが大きな特徴かも。

ゲーンハンレーは北部カレーとかミャンマーカレーとも言えるし、豚肉カレーとも言えるので、豚肉が主役とも言えるんだけど、ベジタリアンレストランで食べたゲーンハンレー(代替肉として大豆の練り物みたいなのを使ってたわ)も変わらずにすっごい美味しかったので、あえて肝は豚じゃないと言いたい。

というわけで、こういうスパイス系煮込みにはタマリンドソースが大活躍なんだよねー。

で、先日ふとタマリンドソース買ったわけですよ。

で、家にはジャガイモ、ズッキーニ、プチトマト、中華セロリ。。。

そしてあら?インドネシアかマレーシアかなんかで、お安いわ!とお土産に買ってきたわいいものの放置されてて先日発掘されたスパイス達(ターメリック、 シナモン)・・・。

そして冷蔵庫にはココナッツミルク。。

 

ふむふむ。

カレーもどきを作ってみる機会じゃないか。

という事で、適当に具材を煮て、ターメリック、シナモン、タマリンドソース、出汁、ココナッツミルク、ココナッツオイル、塩胡椒あたりを投入。

全部適当なので、量の問題とかあるよねー。

で、味見したらタマリンドソースを入れすぎたようで、酸っぱい!!

肉や玉ねぎ、にんにくあたりが入ってないので、コクがなくてただの酸っぱい微妙なスープ。。

マズい・・・。

というわけで、何とか味のバランスを取ろうと、カレーの隠し味にいいと言われる、インスタントコーヒーを入れる。

またチョコレートも隠し味にいいってことは、ココアもありじゃね?とココアパウダーも投入。

かき混ぜて味見。

グヘッ。

ますます微妙な方向へ。

なんかもはやタイっぽい味じゃなくて、日本のカレーの味に近づいているけど、なんかこう渋みが増しただけで肝心な旨味が足りない。。

あと我が家で入れられそうなものといえば、、、はちみつ!

はちみつ少々入れて、ココナッツミルクをもう少し足して、塩ももう少し足して。。

もうこれ以上どうしようもできないので、とりあえず煮込む。

煮込めば、ジャガイモが崩れて来て、もう少し甘みやマイルドさが出流に違いないわ!

で、ですね。

10分後。

鍋が焦げ付いて来たので焦って火を止める。 

焦げ付かせるとか、さらに最悪。

なんかねえ、もはや子供の遊びだよね。実験というか闇鍋っていうかさ。

カレーってあまりものを適当に煮込んだ料理だったんだろうな、とか、カレーって恐ろしい食べ物だなと改めて思いながら。

とりあえず食べてみたら。

あら?

あららら?

さっきまであんなに不味かったのに、意外といける!

何がどうしたものなのか。

美味しいじゃないか。

むしろ久しぶりに心から美味しいと思えるものを食べたっていうくらいの感覚よ?

やっぱり自分で作っただけあって「油っぽすぎる」「甘すぎる」「肉が多すぎる(私は肉があまり好きじゃない)」「辛すぎる」とかがないヘルシーなお味なのがまた嬉しい。

食べながら色々と反省する予定だったんだけど(香油で炒めてから具材投入するべし、とか)、なんかこれでも全然美味しかったので、アリじゃん、という結論。

ジャガイモやプチトマト、ズッキーニが、煮込まれることでそこからエキスが出て、マイルドになったのかなー。

というわけでですね、人生も何があるかわからないですよ。

一度これはマズい!失敗した!!と思ったカレーでも美味しくなることもあるんですからね。

あれ失敗作?と思っても、熟成カレーになるかもしれないわよ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行