So-net無料ブログ作成
検索選択

やってきた雨季!タイのフルーツの季節!! [バンコクライフ!]

ついに来た、雨季。

最初の雨の日、どれだけホッとして心が躍ったものか。


この感覚、日本にいたらわかるまい。


とはいえタイ在住者が皆この感覚を共有しているかといえばそんなことはない。


通勤にモタサイを使ってる人なら尚更だろう。

水没しやすいエリアに住んでる人もね。


でも私は、心躍る。


まず雨が降ると気温ががくっと下がり暑さがやわらぐ。


今日も暑い、明日も暑い。

そんな暑季に倦んできた頃に、雨が降ると恵みの雨に感じてホッとする。


そしてバンコク生活。

いいことばかりでも、嫌なことばかりでもない。


憂いている時に、ガラガラピシャーン、という恐ろしいばかりの猛烈なスコールを屋外に感じると、爽快で胸がすく思いがする。

ストレスが発散されるというのかしら。


そして屋内に安全にいる自分の幸せと、色々行く末の不安はあれどとりあえず安寧ななんとかなってる現在に感謝を感じる。


そしてくだもの!!

マンゴーがモリモリと並び始め、続いてマンゴスチン、そしてドリアン、ランブータン!


いっきに路上が豊かさを増す。

あぁ、雨季だ!


私の好きな季節。


そうなんです。

タイに来て2年目くらいの頃は、万年常夏に浮かれる時期を過ぎて、日本の四季を愛でる感覚に郷愁を感じ、季節がないタイに味気なさを感じ始めた。


ところが3年目ともなると、私はもうタイにも立派に季節があることを知り、その季節のうつろいにすでに郷愁を感じ始めている。


いいものだ。


タイにも、タイ生活にも、本当にいいところ、悪いところがある。


どこの国も同じだけど。


でもそこになにがしかの愛着、特別な思い入れを持てるかどうかは、相性による。


私はもちろんタイが基本的に好きだからタイに来て住んでいるわけだけど、その思いはとりわけ特別にはならなそうかなと思ってた。


でもいざ去るかもしれないと思うと、実はけっこう特別な気持ちが芽生えていることに気付かされる。


私の今の部屋。

両開きの窓に、シーリングファン。

オシャレななんちゃってインテリアじゃなくて、質素で質実剛健な造りの一貫としてそうなってる。


ニヒルな管理人。

すごく感じがいいとかフレンドリーとかではないけど、なんか好きなおっさんだし。


野良猫が住み着いてるし。


今までで1番安い部屋。

好きになれるかわからなかったけど、なかなかに好き。


確かなものは何もない浮遊感。

人は流動的だし、どこまで誰を、何を信じていいのだろうかという不安定感もある一方、いつも日本人、タイ人、そのほか、、色んな人の小さな親切や優しさ、寛容さに支えられて生かされている。


雨季のスコール、そしてふんだんなフルーツは、私がタイに生きている、その与えられてる恵みの豊かさと、異郷にいる浮遊感みたいなものをより強調するらしい。


まあそんなわけで、ほんと雨季が好き。

雨季のタイが好きというべきか。


Spring has come!! 


夏が来た!


のテンションで、私の中では、雨季が来た!なのでした。

今年も素敵な雨季を過ごそう。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0