So-net無料ブログ作成

バンコクと東京のコワーキングスペースを比較 [バンコクで起業]

バンコクでコワーキングスペースといえば、だいたいドロップインで一日300THBが平均ってとこだと思う。

オープンしたての特別割引で200THBとかがたまにある。

だいたいTOM n TOM Cafeで3時間wifi無料で、アメリカンが80THB。

だいたい3時間は粘っていい雰囲気だし、とても心地よく仕事に集中できる場所でもあるので、それを考えると値段的な旨味はあまりない。

もちろんがっつり10時間とか働くならオフィスチェアがあってがっつり集中できるコワーキングスペースがいいに行き待っているのだが、4、5時間働きたいだけだとねー。

で、一日1000円って考えたら東京と変わらんなー、、なんて思っていたのだけど。

いざ東京に帰ってきて、色々と見てみるといつの間にか値上がりしたのかしらね?

東京でのコワーキングスペースの平均はだいたい一日2000円って感じになってたわ、いつの間にか。

これは高い。。。

そしてなぜかコワーキングスペースは渋谷に多い模様。

さて、それでも辺鄙な場所に行けば安い。

私が見つけたの松戸のコワーキングスペース「デジラボ」は一日1000円!、3時間で500円!

これくらいならいいよねー。

(でも2017年4月から一日1300円、3時間700円に値上がりしちゃうんだってさ)。

またコワーキングスペースって、世界中どこでも最近わさわさできてきたものなので、それだけにうまくいかずに潰れるケースも多く、あれ?もうないのか!ってことも多い。(もちろん値上げも多いのでしょう。)

そんななかコワーキングスペース激戦区の渋谷にあって、ありんこオフィスはデイタイムなら今現在も一日1000円のようで、素敵。 

http://www.ants-office.com/ 

茅場町というやはり微妙な場所ながら、ここも一日1000円。

http://blog.coworking.tokyo.jp/ 

ここは四谷で一日1000円!でも椅子がオフィスチェアじゃなさそうだなー。 

http://ehoop.asia/coworking/access/ 

というわけでした。

やっぱり東京って高いなーって思うことも多い。

息吸ってるだけで金がかかる。生きてるだけで金がかかると愕然とする。

でもその一方で、バンコクのカフェのコーヒー一杯の値段と東京のカフェのコーヒー一杯の値段は対してかわらな買ったりして、、、(もちろんスタバやマックなどは似たり寄ったりで)、、品質を考慮するとむしろ東京の方が費用対効果は高い?というところもそれなりにあるよね。

ていうか、テレビがすごくくっきり綺麗に映ることとか、一般の家庭のお風呂がデジタル式だとか、まあ日本の一般人の水準で当たり前のことがバンコクでは当たり前ではないので、なんかハッとする。

不思議な二重感覚。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0