So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

日本に帰ってきたし、早速ふるさと納税やってみよう!の落とし穴。 [日本本帰国?]

皆がふるさと納税の話をしていたので興味を持った私。


どうやらとってもお得らしい。


地方への寄付金は2000円の自己負担額をのこしてあとは全額納税額から控除される。


そして肉やら酒やらパソコンやら豪勢なお礼を地方自治体から頂けるから、実質2000円で

何万円もするようなお礼品を買えるようなもの。


いやいやしかも2000円だって、楽天カードなどを通じての高額寄付なら楽天ポイントがつくので

ポイント分で相殺されると。


というわけで、実質タダでお礼をもらえるんだからやらないでいる理由はない、というシステムらしい。


って、今更理解したわたし。


だけど当然納税額は人によって違うわけでして。


どうやら2000円が自己負担額にできる寄付金額上限は納税額にもよるらしい。


そして気づいてしまったわけですよ。


あれ?


私はいったいいくら納税してるんだ?


2017年の年末が、今年のふるさと納税しめきりってことは、2017年1月から12月の年収にたいしてってことよね?


ということは・・・・


この秋から日本に戻って日本で給与をもらいはじめた私。


日本で給料を2か月分しかもらってないではないか、今年。


100万円にも満たない。


これはどうなのか?


と調べたところ、そのとおり!


年収100万円未満の所帯は、もともと税金がかなり免除されているせい?か、地方に寄付したところで税金免除にはならず、ただ単に自腹で寄付したというだけにとどまり、節税対策でもなんでもなく、得でもなんでもないという結果に。


そうだったんだ、ふるさと納税。


まあ年収200万円あれば大丈夫そうだけど、下記サイトによると、寄付金額は1万円から1万5000円くらいまでがお得なリミットとのこと。






まあ楽天なんか見てると、それくらいの価格帯の寄付金をつのっている自治体はいっぱいあるので、


これくらいでもいいのかもね。


逆に年収500マン、600マンくらいの独身で5万円から8万円くらいがお得上限。


まあそんなわけで、これだけ日本でふるさと納税!ふるさと納税!!といわれていたということは、


みんなお金をいっぱいもらっているのね、としみじみ。


しかし勉強になりました。


あぶなかったわ~、慌てて乗っかってみてるところだったw


来年の楽しみということで・・・

まあでもということは、来年1年間はしっかりと日本のサラリーマンを務めあげないとお得にはならないってことだけどねえ。


まあたとえばいざ海外で働く!とかなれば数万円程度の損失なんて、気にならないだろうけどね。


しかももしも一年をたたずにまた海外へ、となったら、ケータイSIMの途中解約だとか、モバイルwifiの途中解約だとかで、余分にまた金を払わされるんだ。


そのへん住みづらいね~、数か月とか1年とかくらいの不定期滞在、長期滞在外国人には。


タイはそういう外国人が住みやすいけど。


思えば日本は、だから白電とかあったものねえ、昔は。


このあたりのやりづらさ、、外国人へのまた貸しをビジネスにして暗躍してる違法外国人とかいそうだなー。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

4年いなかった間に日本で大きく変わったこと。 [日本本帰国?]

なんとか無事に日本での生活をリスタートさせた私。


まあでもね、仕事はまだまだ順調ではありませんで、ウツになりそう。。


でも頑張りましょ。


さて、この4年で生活上、もっとも日本が変わったなーということは、電力と通信の自由化でしょう。


電気代も、ケータイ料金もタイやすい!日本高い!と思っていたけど、久々に日本に帰ってきたら、日本も安くなっていた。


これはかなりありがたい。


まあ電気代はどこまで安くなるかは不明だが、スマホ料金に関していえば、以前はデータを使い放題使えば月額6000円くらい払っていたわけだけど、今では格安SIMを使えば1500円とか2000円くらいですみそうな感じ。


いい時代になった。


しかしながら、めんどくさくもなった。


以前からケータイに関しては、パッケージ商品が色々とあって選ぶのが大変だったけど、今やいろんな会社が参戦し、いろんなパッケージやらキャンペーンやらを展開しているので、選ぶのが結構大変。


比較サイトみたいなもので誘導されたりもするけど、条件が結構付いてたりするので、見落とすと大変。


こりゃ老人にはきつい時代だね。


電気代すらそう。


サクッと契約、ができずに、比較サイトを眺めながらウンウンと数時間考えこんでしまった。


そういう人件費を考えると、それで年間数千円電気代が安くなったって、イーブンかw


しかし何事もそうである、最近。


ネットショッピングができるため、際限なく商品を比較できてしまう。


ゆえに、全てを見てから決めようとすると、物事が進まない。


困ったもんである。


ここは課題だな〜。


しかしながらネットショッピングもより便利になった。


最近ではAmazonの品を最寄りのコンビニ預かりにしてもらうことができる。


これはとてもいいサービス。


一人暮らしでフル勤務しながら宅配便を受け取るのは結構なストレスだったけど、最寄りのコンビニなら24時間受け取れる。


もちろん重い物とかは家で受け取るけど、本一冊くらいなら、このほうがずっと清々しい。


ありがたい。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

四季があることの無駄とQOLを考える。 [日本本帰国?]

結局、タイと日本でいちばん違うところはやっぱりやっぱりやーっぱり、四季の有無だと思う。


タイにだって、雨季と乾季という季節はあるし、それなりに生活は変わるけど(プーケットなどのビーチリゾートは特に)、常夏であることに違いはない。


で、日本の冬が寒くて嫌いで、夏が大好きなわたしは、ずっと夏であるタイに憧れた。


そしてそれはもちろんとても良かったけど、数年すると無い物ねだりを少しずつ感じ始めた。


というか、ちょっとした焦りに似たもの。


四季を愛でるという日本人の生活、DNAに深く根ざしたものがないことはなんだか自分が大味になるような気がした。


さて、でも日本に帰ってきてみると、本当にまあなんてめんどくさくて、なんて無駄が多いのだろうと思う。


わたしたちは季節に備える為に、どれだけの労力を費やしているのだろう。


呆れるほどである。


もはや私たち日本人にとっては、四季に備えること=生きること、生活なんであった。


それを思い出して、、、というか、タイに住む前はそれが当たり前であったからそんなことあまりそういう捉え方はしていなかったかもしれないが、、、タイから帰ってくると呆然とするほどだ。


もちろんそれを楽しんでいるのが、我々の生活だ。


厳しい寒さと厳しい暑さを切り抜けるためのグッズを常に追い求めている私たち。


四季があることは当たり前だから、それに疑問をいだかなかったけど、タイ生活を一旦知ってしまうと、なんて無駄なんだろうと思ってしまう。


だいたい冬物は嵩張るし、高い。

コートも、羽布団も、ウェットスーツも。


それでもって、それを利用する期間は一年のうちの半分もないときた。


冬物衣料、夏物衣料、春秋用・・・タイ生活の何倍も衣類を持つことにもなる。


出番がない季節には、それを保管する場所もいる。


うわあ。。


まあそんなわけで、私はタイに行く前と行った後で考えが変わったことがある。



一つは、世界中のどこでも生活できる可能性を信じることができるようになったこと。


定住には定住の魅力があるけれど、ヤドカリのように好きなところに住んで行くっていうやり方もあり。


もちろんイイトコどりも可能。

つまり、土地が安くて環境や気候がいい、自分の気に入った場所に家を買っておく。


そしてそこを拠点に、あとは仕事がしやすい都会などにも仮の拠点をおく。

仮の拠点はその時々でコロコロかえたっていい。


そういうことは意外とやりようによっては可能だなということ。


もちろん子持ちの人は話が違うかもしれないけど。



で、そうなった時に、モノの管理維持や、移動コストなどを考える。


というわけでね、冬物衣料を一つ買うにも、重いものや嵩張るものは敬遠するようになった。


だいたい洗濯ひとつ取ったって、乾きづらかったり、洗濯機を占領したりと、ストレージやトランクを占領するだけでなく、嵩張る衣料にいい点はない。


ミニマリストが必ずしもいいとは思わない。


でもやっぱり在庫が少なくて身軽なほど、機敏に動けるし無駄が少ないのは確か。



二つめは、短期的な視点でモノを選んで行こう、ということ。


例えば部屋。


色々と選びに選んで、立地も環境も間取りも、そしてお家賃も、サイコー!!と思える物件を見つけて東京暮らしを再開した私。


選び抜いて決めただけあって、日々、喜びに溢れている。


QOL、Quality of Lifeが高い、とぬくぬくしてしまう。


もちろん自分内比較だし、別にタイ暮らしと比較してということでもない。


ただ、自分が気に入っている部屋だけに、部屋にいるだけで気分が良い。


家賃が安いから、その分心の余裕がある。


普通ならもう15000円くらい家賃に払うだろうところを、月15000円分の余裕があるわけだから、これで自分を楽しませるもの何を買おう?


と考える。


それも、心の隙間を埋める、疲れをいやす、というような不毛な使い方ではなくて、QOLをあげるためのツールに使おうという計画は、考えるだけでワクワクする。


タイにいる時は、お金の余裕がない、という気持ちが強かった。


生活費は安いのだから、必ずしも余裕がないとは言えないのだけど、感覚として。


よって、そういう気持ちは持てなかった。


またあまりにもノマドだったので、多少不便でも、またの移動を思って、カスタマイズしないことも多かったけど、今回はとりあえずは2年は住む意気込みなので、それなりに部屋を築き上げようとできるところも楽しい。


とはいえ。


結局、日本は冬と夏で全然環境が違う国なのだ。


南向きで暖かく、今の季節は素晴らしい部屋。


でも、初めて迎える来年の夏、感想は180度違う可能性がある。


もちろん夏のことも考えて部屋は選んでいる。

暑すぎたら簾でもかければいいし、風通しもいいし、どうにでもなるだろうと思う。


だけど、実際に夏が来なければわからない。


それでも身軽だから、夏が来て、どうにも住み心地が悪ければ、どこか他を探せばいいじゃないか、という気楽さがある。


この感覚はいいなと思うし、それでいい気がする。

一生物、という言葉はあるけど、今の時代、そんなものはあるだろうか?


ガジェット、家具がどんどん進化し、それによって暮らしも変わる。


もちろんなんだかんだ20年も愛用しているものもあったりして、気に入っていて使い心地が良いものは、なんだかんだずっと使えたりすることもある。


でもそれは結局、愛着ゆえ。


愛を感じられるものを買えば、それは結果的に長く使えるし、使っている時にウキウキできればQOLが上がるから、正しい選択だけど、2年最高に愛せればいいかな、というそれくらいの短期視点で考えての購買でいいかなと思うようになった。


三つめ。日本の街を歩いていると、ふと「神は細部に宿る」という言葉が脳裏に浮かんだ。


例えば日本にいる日本人女性の美しさ。

まず肌が綺麗。そのメイクアップの質感が素晴らしい。

髪の毛が綺麗。洋服の質感に高級感がある。


最近のファッションの傾向というのもあるけど、当然の帰結というか、ある程度機能やデザインなどが発達し尽くして差別化し難くなったら、ラグジュアリーさとか高級感とかで差別化を測るのは、スマホでも車でもソファでも服でもそうかしら、、というのかしら。


日本では「質感」で差別化をはかるんだよなあ、、みたいなことを改めて実感した。


タイではまだ、デザインが可愛ければそれでいい、というところがある。

日本だと、デザインが可愛いだけじゃあダメだ。

服の素材がペラペラだったりすると、安っぽくてNGに見えてしまう。


これは結局、他者との比較なんだけどね。

タイではみんながぺらぺらの素材の服を着ているから、自分が着ていても安っぽく見えない。


ところが日本だと、みんなが高級感ある素材を着て歩いているから、自分がペラペラの素材を着ていると安っぽさが際立ってしまう。


まあ美の基準は環境によって変わるということで、それはそれって感じもある。


でもまあ、そういう質感とか細部とかにこだわれるというのも、QOLの高さに通じるなーと思う。


せっかく東京に戻ってきて生活を送ることになり、思うことは、QOLだ。


タイライフ。


QOLは決して低くはなかった。それをはかる尺度は東京ライフとは全然違うけど。


アウトロー的な気持ちの自由さ、外国に住むという経験のエキサイティングさ、新しい経験を得られる度合い。


一方で、強い紫外線で確実に老化は進むし、現地採用の場合、給与が不十分だと感じることで、自己卑下的な気持ちになるストレスもある。


東京ライフにはまた違う良さがあるけど、結局のところ幸せや心の余裕をどれだけ感じられるか、どれだけ未来に繋がる糧や経験を得られるか、かなあ。


東京には、出稼ぎ気分で帰ってきたところはある。


たかが金、されど金。


あとは私の分野がITであることから、最新ガジェットやテクノロジーが活きる街でまた生活をすることで、最先端をここらで味わわないとなんか感覚がずれていってしまうんじゃないかという恐怖が大きいかな。


別に南の島で、ローテクでも、QOL高く幸せには暮らせるんだけど、テクノロジーはテクノロジーで楽しいところがあり、そっちと行ったり来たりしたいところはある。


というわけで、せっかく東京に帰ってきたんだから、テクノロジーに浸かりつつ、金を稼ぎつつ、会社員としての蜜を吸い、経験を蓄えつつも、、やっぱりQOL下がっちゃ意味ないなー、で、東京ライフでのQOLってなんだろ?と思ったりする東京2ヶ月目なのでした。


今はまだ、新居で生活するっていうだけで楽しいけどね。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -